美味しい旅の思い出

旅の缶詰

【山口】ご当地お菓子

【山口】ご当地お菓子

投稿日:

山陰堂 舌鼓(山口市)

創業130余年。
創業当初から作られてきた舌鼓。

ふわとろなやわらかい求肥饅頭に白こし餡。

ときわ屋 本店(下関市)

創業80年。
創業以来作られている二見饅頭は、一口サイズの蒸し饅頭。

優しい甘さに、ぱくぱく食べちゃいます。

松琴堂のあわゆき(下関市)

創業150年、江戸末期の慶応年間に営みを始める。

伊藤博文公が愛したお菓子、阿わ雪。

俵山三猿まんじゅう(長門市)

俵山温泉の名物饅頭。

かわいーっ!
絶対3匹セットで食べたいよね。

福田泉月堂さんで購入。

きれん製菓 山焼きだんご(山口市)

やわらかいお餅にきなこ、シンプルなお土産菓子。

だんごは出来たてが一番美味しい、ということで、わざわざ工場に行って来た。
タイミングあわず、出来たてはなかったけど、直販は1割引きだった。

1946年(昭和21年)創業。
1972年(昭和47年)山焼きだんご販売開始。
2008年(平成20年)全国菓子大博覧会にて山焼きだんごが農林水産大臣賞を受賞

-【山口】ご当地お菓子

Copyright© 旅の缶詰 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.