美味しい旅の思い出

旅の缶詰

【山口】ご当地お菓子

山口ういろう巡り

投稿日:

山口市の銘菓、ういろう。
江戸時代には存在していたそうです。
ういろうは日本各地で名菓として存在するけど、山口のういろうが他の地域と違うのは、わらび粉を使っているところ。
だから、ぷるんぷるん。
多くは米粉を使用しています。

名古屋、山口、徳島のういろうは、日本三大ういろうともいわれています。

御堀堂(山口市)

1927年(昭和2年)創業。
山口ういろうの元祖といわれる「福田屋」で職人をしていた人が創業したお店。

旅行中なので日持ちのするういろうを買いたい所ですが、やはり惹かれるのは生ういろう。
買ったらすぐに食べたいです。

豆子郎(山口市)

1948年(昭和23年)、福田屋の常連さんが創業。
もともと菓子職人でも何でもない素人が作るから、豆子郎(とうしろう)とネーミング。

田原屋(山口市)

こちらも人気のお店。

左から、豆子郎、田原屋、御堀堂の生ういろう

御堀堂は、ちょっと甘めで弾力がある。
豆子郎は、甘さ控えめ。
田原屋は、柔らかめでさっぱり。
どれも甲乙つけがたい美味しさでした。

もちろん、山口市を出ても、美味しいういろうには出会えます。

おほげつ(美祢市)

秋吉台に行く途中で見つけたお店。

特に黒豆の入ったやつが美味しかった。
甘さ控えめのぷるんぷるんに、栗みたいに甘い豆の固さがよいアクセント。

-【山口】ご当地お菓子

Copyright© 旅の缶詰 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.