美味しい旅の思い出

旅の缶詰

【鳥取】ご当地お菓子 鳥取

【鳥取】ご当地お菓子

投稿日:

山本おたふく堂(琴浦町) ふろしきまんじゅう

明治元年(1868年)創業、琴浦町の山本おたふく堂で、ふろしきまんじゅうを食べます。
和三盆の原料になる徳島産白下糖と黒砂糖を使った饅頭です。
百年以上丁寧に作られた素朴な饅頭は、いくつでも食べられます。

石谷精華堂(倉吉市) 打吹公園だんご

石谷精華堂は、創業明治13年(1880年)の老舗です。
白餡、小豆餡、抹茶餡の三種の餡で包まれた餅を串に刺したもので、見た目は坊っちゃん団子に似てますが、はっきりとした塩気で、思ったほど甘くなく、さっぱりしていて美味しいです。

お菓子の嘉城(米子市) とち餅

米子城をモデルにした、お菓子の嘉城の代表作、とち餅です。
アク抜きしたとちの実をもち米とともに蒸し、杵でついた餅に餡をいれたもの。

-【鳥取】ご当地お菓子, 鳥取

Copyright© 旅の缶詰 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.