• 2019.09.06

【高知】観光

竜串海域公園(土佐清水市) まるで他の星を散歩しているような奇岩群。 安並水車の里 四万十川の沈下橋 高知駅(高知市) はりまや橋(高知市) 桂浜(高知市) 香美市立やなせたかし記念館 吉良川町 重要伝統的建造物群保存地区、吉良川町 台風の多い地域、家を守るために小さな庇がいくつもついている。フリフリがついているみたいで可愛い。石塀も独特。個性ある町並。 室戸岬

  • 2019.09.06

【高知】郷土料理

高知の郷土料理 いも天 高知のいも天の衣は、衣というよりアメリカンドックのような分厚くほんのり甘みのある生地で、おかずというより軽食。いも好きとしてはいる間に食べられるだけ食べたいところなのだけど、かなりボリューミー。L♡VEいも天。 大月の郷土料理 へら寿司 昭和40年代前半頃までブリが豊漁だった大月町には、泣いている子供に「泣きよったら、ブリ食わせるぞ」というと泣き止むという逸話が残っているそ […]

  • 2019.09.06

【高知】ご当地お菓子

高知のご当地アイス アイスクリン ミルクセーキをかためたようなシャーベット系アイス。観光地や道ばた至る所、パラソル広げて売ってます。 足摺名物 亀おこし 芋けんぴを荒くくだいて水あめで固めたようなもの。いも好きの私の口に合わないはずがない。 右城松風堂(四万十市) 竿羊羹と小鮎最中 創業約80年。四万十らしいお菓子が食べたいと思い行ったのは、右城松風堂。 細長い筏羊羹は、昔、四万十川を行き交ってい […]

  • 2019.09.06

【高知】高知市の日曜市

高知県自体は祖母が住んでいたこともあって何度か行ったことあったのだけど、高知市の日曜市は気になりつつも行ったことなかった。 元禄3年(1690年)より300年以上続く日曜市。1.3kmにわたり、野菜、果物、金物などなどなど、約420店が軒を並べる。 まっさきに探したのはいも天。 高知の郷土料理 いも天 揚げたてのさつまいもの天ぷら。高知のいも天は、生地が厚くてホットドックみたい。お芋ほくほく。 路 […]

  • 2019.09.06

【愛媛】ご当地お菓子

坊っちゃん団子 愛媛県松山市の銘菓、色の違う小さな3つの串刺し団子。夏目漱石の『坊っちゃん』に登場したことにより、坊っちゃん団子と呼ばれるようになりました。 松山名物 たけうちの労研饅頭 なんとも堅苦しい名前のお饅頭、由来が気になります。昭和初期に倉敷の労働科学研究所で中国の饅頭を日本人向けに改良して作ったのが始まり出そう。昭和6年から松山で作られています。 うずら豆とつぶ、素朴なのに飽きのこない […]

  • 2019.09.06

【愛媛】観光

別子マイントピア(新居浜市) 別子銅山の施設等を残したテーマパークである。 ⇒別子マイントピア公式サイト 新居浜市の山麓にあった銅山。1690年(元禄3年)に発見され、1973年(昭和48年)まで銅を産出した。 特に行きたかったのが、東洋のマチュピチュとよばれる東平。東平には、大正5年から昭和5年までの間、採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場などが建てられ、大変な賑わいをみせていた。 新居浜市を望 […]

  • 2019.09.05

【広島】ご当地お菓子

宮島名物 もみじ饅頭 1906年(明治39年)、和菓子屋の高津堂で考案されたと言われる。厳島は、もみじ饅頭を作り店頭販売しているお店が軒を連ねる、もみじ饅頭天国なのだ。(高津堂は厳島ではなく宮島駅近くに) 紅葉堂の揚げもみじ アツアツの揚げたもみじ饅頭は絶対に、絶対に外せない。 やまだ屋(宮島) 桐葉菓 もち米が入ったもちもちした生地に粒の残った上品な餡。原型ができたのが平成8年という若いお菓子。 […]

  • 2019.09.05

【広島】しまなみ海道 レモンとはっさくのお菓子

しまなみ海道を渡る日、島から島へと橋で渡っていくことなんてそうそうないので、かなりこの日を楽しみにしていました。しかも、渡し船にも乗るのです。 一つめの島、向島へ。 尾道から向島へのフェリーは、なんとたったの90円。料金所もなく、船に乗ったら車から降りずに係の人にお金を払います。あっというまに対岸に着く。当たり前のように住民の足として海の上を行き来している渡し船になんだか感動してしまいました。 前 […]

  • 2019.09.05

【広島】観光

宮島 宮島張り子 昭和50年から、宮島にある一つの工房で作られている。カラフルな鳥モチーフが多かったけど、私の心をつかんで離さなかったのが、鹿猿。鹿の背中にちょこんとのった猿のとぼけた顔がたまらない。 原爆ドーム(広島市) 海上自衛隊呉資料館(呉市) 入場無料で、本物の潜水艦があったり、ベットや食堂の複製があったり、水兵さんコスプレが出来てなかなか楽しかったです。 竹原街並み保存地区(竹原市) 安 […]

  • 2019.09.05

【広島】ご当地グルメ

宮島の郷土料理 あなご飯 瀬戸内地域の郷土料理で、あなご版うな重のようなもの。創業明治34年、あなごめしうえのが宮嶋駅の駅弁として販売したのが始まりである。この日は定休日だったけど、お弁当の販売はしていたので、店内で食べさせてもらう。 さっぱりとしたタレに、穴子の焼き目が香ばしい。 広島風お好み焼き 小麦粉生地に具材を混ぜ込む関西風と違い、薄い生地の上に肉や野菜と中華麺を重ねて焼く。お店もたくさん […]

1 5